資産運用アドバイス

空室対策レポート

Vol.28 「ペット可」条件のメリット

今回は、近隣物件との差別化を図るために、ペット可という価値を加えることで空室対策に成功した例をご紹介します。

最近、特にペット飼育可能な物件をお探しのお客様からのお問合せが目立ちます。しかしながら、依然として条件を受け入れて頂ける家主様が非常に少ないのが現状です。

実際に、ある家主様は築年数25年で3DK・家賃80,000円・戸数24戸のマンションを所有されているのですが、空室が増えて困っているとご相談をしに来られた事があります。

近隣物件を調査したところ、ペット飼育可の物件がないことが判りました。そこで、近隣物件とは違う価値をつけていただくために「ペット同居型マンション」への変更をご提案しました。

ですが、やはり当初は反対でした。その最大の要因は、「退去時の原状回復の費用負担」にご不安を感じておられた点です。
家主様の不安を解消するために、(1)敷金を家賃の1ヶ月分から3ヶ月分に、(2)家賃を1割増、の2点をご提案しました。そして募集を開始したところ、家賃等の条件が近隣の相場より高いにも関わらず、間もなく満室になりました。

躊躇されるかもしれないペット可の条件ですが空室対策以外のメリットも考えられます。 ペットを飼っているという事が入居者同士のコミュニケーションツールになり、横のつながりもでき、入居者間のトラブルも少なくなるのではないでしょうか。

アパート・マンションの空室にお困りの家主様もたくさんいらっしゃるかと思います。
保証金や家賃を下げられるのも一つの方法ですが、お客様のニーズに対応する事はもちろん、近隣物件との比較により差別化を図り、「オンリーワンの物件」を創りあげる事で空室が目立ったアパートやマンションも十分活躍する事が可能となります。

今回は近隣物件の調査により、ペット可という1つの選択肢を提案させていただきましたが、もちろんペット可以外の選択肢もご提案させていただきます。
家主様と共にマンション経営をより良いものとしていける様頑張りますので、今後とも京都ライフを宜しくお願い致します。

一覧に戻る

資産運用のご相談はこちらから

財産ドック株式会社

〒604-8186
京都市中京区御池通烏丸東入梅屋町361-1 アーバネックス御池ビル東館3階
財産ドック事務局(京都ライフ本社内)

TEL:075-256-8240

営業時間:9:30 ~ 19:00 年中無休( 盆正月を除く)


資産運用のご相談

ページの先頭へ